様々な媒体で数千パターンに及ぶ
広告テストを行ってきた経験に基づき、
貴社に最適なマーケティング手法をご提案します。

エルフトでは、過去に様々な媒体で数千パターンに及ぶ広告テストを行ってきたため、独自の広告最適化のための方程式があります。
検証済みの勝ちパターンをもとに、出稿可能な大量の媒体の中から貴社に最適な広告戦略を立案。
その後運用まで一貫して代行・PDCAを回すため、短期間で成果を出すことが可能です。

■ 取り扱い可能媒体
獲得効率高いメニューから実施し、段階を経て効率だけでなく母数拡大を図る

ユーザーごとに最適なコミュニケーション戦略を立案

マーケティングで成果を創出するためには、商品や市場を把握したうえで、ユーザーのセグメントごとに最適なコミュニケーション戦略を設計することです。
エルフトでは、商品属性ごとに既に効果があることを検証済みの独自の成功パターン「市場・競合調査プロット」があり、そのパターンは100種類以上にわたります。
この「市場・競合調査プロット」を叩き台に、媒体とターゲティングを設計、コミュニケーション戦略を立案するため、最短距離での成果創出が可能になります。

膨大な広告テストの中から勝ちパターンを蓄積

エルフトでは、媒体・商品ごとにクリエイティブを量産し検証を実施してきました。
膨大なテスト結果の中で、成功した広告の要素を分解してデータを蓄積していくことで、媒体・商品特性・時間帯・ターゲットごとの広告勝ちパターンをノウハウ化することに成功しています。
これらノウハウや独自の方程式があるからこそ無駄な検証に時間をかけることなく、最初から成功確率の高い広告を出稿していくことが可能になります。

ビッグニュースへの対応など即時対応が可能

芸能人のゴシップや、自然災害、海外情勢、政治など世の中を騒がせるようなビッグニュースの際は、一時的に広告インプレッションが膨らみ、露出が増える現象が起こります。エルフトでは、これまで培ってきたノウハウでニュースの質に応じ運用面とクリエティブ面で最適な対応が取れるため、鮮度が落ちる前に的確な対応が可能です。

きめ細やかなPDCAによる運用効率の向上

広告出稿後のPDCA設計をあらかじめ行っておき、お客様と合意しておくことで、スムーズな運用を実現します。
目標CPR・許容CPRを定義するとともに、どのようなテストを実施するのか、どのラインで広告テストの勝敗を決めるのか、どのラインでLPのクリエイティブテストの優劣を決めるのかなど、細部までPDCA設計を行っておくことで、スピーディー、かつ、確実な運用改善を行っていきます。

■インフィード広告のPDCA設計例

マーケティングの事例

業種 ECサイト年商規模 ご支援結果
飲料メーカー
500億円
5年以上、ECサイトの全商材、広告運用からCRMで使うクリエイティブを制作。前年に対して年商が約60億円の売上増加。
食品メーカー
300億円
ECサイトの新規顧客の獲得に課題があったため購入方法をシンプルにすることでCVRが約20%改善。
美容コスメメーカー
50億円
広告運用に課題があったっため、記事広告を使うことでCVRを約4倍に改善。新規購入件数は4倍に増加。
健康食品メーカー
85億円
サンプルから本品のステップアップに課題があったためCRMを再設計したことで約35%アップ。
製菓メーカー
100億円
ECサイトの広告運用からCRMで使うクリエイティブを年間で1,000個以上制作。前年に対して年商が約10億円の売上増加。
美容・健康食品メーカー
50億円
購入者情報に基づいたターゲットとそれに合わせたクリエイティブを用意することで広告運用のCPOが40%改善。