• 目標のCPAを維持しながら新規顧客の獲得を拡大する方法とは?

    ECサイトの売上を常に伸ばしていくには、新規の顧客獲得が重要になります。

    しかし、新規の顧客獲得で壁になるのが新規顧客を一人獲得するために投資した

    広告費のコストパフォーマンスです(CPA)CPAを意識すぎると配信する広告メディアも限られてしまい、

    シュリンクしてしまうスピードも速いです。このCPAに悩み、苦しんでいるEC担当者も多いのではないのでしょうか?

    それでは、どのようにして目標CPAを維持しながら新規顧客の獲得拡大を図っていくのが

    べストなのか、いくつかポイントを紹介したいと思います。

  • CPA・CPOだけじゃない?LTVから見る広告やCRMの評価

    単品リピート通販のマーケティング戦略で重要になる指標の一つが「LTV」です。LTVとはLifeTimeVaue(生涯顧客単価)の略のことです。このLTVが重要な理由としては、広告で集めた顧客の中の一定数が商品を56回以上リピートすることで広告費が回収でき、そこからさらにリピート購入してくれることで会社の利益となり、LTVが高いと会社の利益率も高くなるため、重要な指標となります。

    今回はこのLTVの分析をすることで見えてくる別の視点と、LTVを高くする方法について紹介したいと思います。

  • ネイティブ広告の市場で勝つ鍵は「記事」

    2015年から最も急成長したのが記事を使ったネイティブ広告の領域で、中でもLINEYahoo、大手ニュース系アプリなど様々な企業がこのネイティブ広告の開発に力を入れています。そしてその広告主の大半が単品リピート通販の企業であり、中にはネイティブ広告のみで1日に500件以上の新規購入が出た企業もおり、今では潜在層への広告配信では外せない広告メニューの一つとなっています。

    しかし、ここ最近はメディア側の記事審査基準も厳しくなり、さらに読み手側も見慣れたためかネイティブ広告でCPAが悪化してしまい失敗している企業も増えてきました。

    そこで今回はネイティブ広告の鍵となる「勝てる記事」について、紹介したと思います。

  • クリエイティブ次第で広告の結果は成功も失敗もする!

    インターネット広告は見慣れたバナー広告から、ひとつのコンテンツの様に見せるネイティブ広告まで、配信手法が多種多様になってきており、その運用方法やクリエイティブもメディアのデザインに合わせることが重要になってきています。

    今回はその中でも広告に合わせたクリエイティブの重要につきまして紹介します。

  • マーケティングオートメーションとは?

    マーケティングオートメーション(MA)とは、顧客一人ひとりの各プロセスに応じたオペレーションを用意して自動化し、長期的な関係を構築するためのマーケティングツール・プラットフォームのことです。

    ECサイトで例える場合、ロイヤルカスタマーになるまでのプロセスをMAを活用することで課題を明確化し、その対策方法を自動化することで効率よくロイヤルカスタマーの数を増やすことができます。

    しかし、MAは導入までのハードルが高いのと、導入してもどのようにシナリオを用意してよいかわからず終わってしまうことも多いため、導入に難色を示すECサイト担当者が多いのが現状です。

    今回は、そんなEC担当者へ失敗しないMAの選定を紹介したいと思います。

  • アフィリエイト広告で獲得を伸ばすためのポイントとは?

     WEB広告での新規獲得で欠かせないのがアフィリエイト広告。アフィリエイト広告とは、広告主が定めたコンバージョン(CV)が発生すると広告費が発生する成果報酬型の広告です。 (例えば)1件あたりの成果報酬が5,0000円で